【特別展 鯨(クジラ)】西千葉から程良い距離の「千葉県立中央博物館」

  • URLをコピーしました!
目次

千葉県立中央博物館【特別展 鯨(クジラ)】

展示内容が大変素晴らしいうえに、空いてて誰もいないので自分のペースでゆっくり周れる超おすすめスポット 千葉県立中央博物館(通称、けんぱく)にて、夏の期間限定で、クジラ展が開催されています! 西千葉民なら絶対行った方が良いおすすめの展示です!

公式HPより
公式HPより

千葉県は、クジラ類生息種数は全国トップ、今なお捕鯨基地があるなど歴史的にもクジラとの関りが深いそうです。

令和4年7月16日(土)~9月25日(日)の期間限定の開催されています。

費用は一般が800円、高校・大学生が400円、中学生以下と65歳以上の方は無料となっています。入館料込みなので、お土産コーナーに行かなければ、これ以上の費用は掛かりません。もちろん料金内で常設展示も観覧可能です。

この展示では、陸から海へと生育場所を変えていったクジラの進化の歴史多様性生態人とのかかわりについて幅広く紹介しています。

撮影写真

産まれも育ちも学校も「西千葉」という世界的な生物学者 西田治文(はるふみ)教授と一緒にクジラ展を観覧させていただきました。

亥鼻の先の大きな十字路の看板
入り口を進むとシャチの模型と骨格標本がお出迎え
シャチの目の位置はここ
特別展の展示室全景
上部のイラストは進化の道筋か?
部屋の中央にはクジラ類の骨格標本、ガラス内には様々な展示物
アカボウクジラの胃
シロナガスクジラの巨大な脊椎骨
歌川国芳 「大漁鯨のにぎわひ」
”がしゃどくろ”とか”顔にいっぱい人がいる絵”の絵師ですね。
睡眠中のマッコウクジラ?の巨大なタペストリー
原寸大?

詳細情報

開催日令和4年7月16日(土)~令和4年9月25日(日)
会場中央博物館第1企画展示室ほか
開館時間9:00〜16:30(最終入館 16:00)
休館日月曜日(月曜日が休日の場合は開館し、次の平日が休館)(※8月8日、15日は開館します)
入館料一般 800(640)円、高・大学生 400(320)円 ()内は団体料金

中学生以下と65歳以上の方は無料となっています。入館料込みの費用です。

公式サイト / 参考記事

博物館のHP

http://www2.chiba-muse.or.jp/www/NATURAL/contents/1652747137342/index.html

当サイトの県立博物館の紹介記事

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる